NEW POST

ホープ軒@渋谷区千駄ヶ谷

ツボにグッサリ! ☆3つ!!!

遠い昔、錦糸町に 「貧乏軒」 なる屋台のラーメン屋がありまして。
店主は伝説のラーメン職人、難波ニ三夫氏。
難波氏はあの 「ホームラン軒」 の創業者で、
ラーメン屋台のリース業なんかもやっていた人。

でもって、
難波氏から借りた屋台で始まったのが千駄ヶ谷の 「ホープ軒」 。
これは昭和35年頃の話しですが、
ちなみに今はこんな感じです。

c0146479_15164120.jpg

1階は創業当時の屋台を意識した立ち食いスタイル。
2階、3階は座って食えますが、
やっぱこの店は立ち食いが基本。

c0146479_15191829.jpg

ってなわけで、
店の外にある食券機でラーメン700円を購入。
出てきた券をカウンターに置く。

そうそう、
「ホープ軒」を不衛生な店だと思っている人がいるけど、それは大きな間違い。
厨房も客席(立ち食いですが…)もピカピカですから。
はい、お待ち~

c0146479_15274679.jpg

おー これこれ。
表面を覆う背油の層で、
麺はいっさい見えません。
では、ひと口と。

c0146479_15293860.jpg

骨の髄まで抽出する濃厚な豚骨醤油。
ですが、見た目ほどひつこいわけではなく、
意外にアッサリな感も。
とはいえパンチ力は相当なもの。
中毒性にいたっては首都圏でトップクラスと言えるでしょう。

見た目からは、
これが東京ラーメンの進化系だとは、
到底、思えませんが、
食べ進むにつれラーメンの歴史がチラつきます。

創業時の昭和35年と言えば、
東京オリンピックを4年後に控えた、
高度経済成長のど真ん中。
あっさり味の東京ラーメンが、
お客のニーズも相まって、
こうゆう味に進化するのも、
あながち信じられない話でもないか、、

そんなこんなでペロリ完食!
あー うまかった。
ごちそーさまー
また、来ますねー

ツボにグッサリ! ☆3つ!!!


●ラーメン 700円



□お店の情報

■店名 ホープ軒
■住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-33-9
■電話 03-3405-4249
■定休 無休
■営業 24時間営業

by kirimaru0525 | 2010-03-20 14:52 | ラーメン

「ツボにグッサリ!」から「食ったら帰る」にタイトル変更。以後よろしく。


by kirimaru0525
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30