NEW POST

小満津(こまつ)@中野区本町

ツボにグッサリ! 感服の ☆3つ!!

休日の晩飯。

今年の “土用の丑の日” は2回あるそうな。
7月25日と8月5日なんだと。
ありゃりゃ、もう過ぎてるじゃん。

確かこの日は8/2だったかな。
つまり、なんでもないフツーの日だってことですね。

c0146479_1764832.jpg

今回、お邪魔したのは高円寺ある鰻の名店 「小満津」 さん。
小さな店だけど、その歴史は古く創業はなんと江戸期から。
さてさて、どんな鰻が出てくるのやら…  楽しみざんす。。

電話で予約を入れて、店に着いたのが19時。
注文は白焼きを一枚とうな重(竹)。

お店は小体で気取りのないアットホームな雰囲気。
焼き台に向かう頑固そうなご主人に、ホールを担当する奥さん。
息子さんらしき若者の姿も見え隠れ。
店先に停まっていたスーパーカブの乗り手かな。

そんじゃ、まずは、白焼きから。

c0146479_18292166.jpg

天然と見間違えるほどの大ぶりな一枚。
たっぷりのワサビと醤油でいただきます。

次に、うな重(竹)

c0146479_1833323.jpg

艶々の蒲焼は白焼き同様やっぱり肉厚。
そんで驚くべきは焦げ目がないこと。
そんじゃ、実食。

蒲焼に箸を入れるとふんわり。
タレの染みたメシといっしょにぃ…

んも~  うま~い!!!

鰻屋はそれぞれ個性があるけど、
今回の 「小満津」 もかなりなもの。
仕入れはもちろん、特筆はやっぱり “焼き” か 。
これだけ肉厚の鰻を一切焦げ目をつけずに焼き上げるには、
火を遠めにあてるか、返しの回数を増やす以外になですよね。
ってことは、焼き台につきっきりってことか。

脂がのったふっくら鰻に上品なタレ。
焼きは完璧でタレの量がちょうどいい。
うな重も最高だけど白焼きも絶品です!!

ツボにグッサリ! 感服の ☆3つ!!

●白焼き 3000円 
●うな重(竹) 3000円



□お店の情報

■店名 小満津 (こまつ)
■住所 東京都中野区本町6-45-2
■電話 03-3384-7872
■定休 無休
■営業 11:00~14:30 17:00~20:30
by kirimaru0525 | 2008-08-09 20:26 | 丼・うなぎ

「ツボにグッサリ!」から「食ったら帰る」にタイトル変更。以後よろしく。


by kirimaru0525
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30